洗濯の方法

まずは浸け置きをしよう

布ナプキンを交換したら、まずはすぐに浸け置きをしましょう!

生理が始まったら、 バケツに重曹やアルカリウォッシュなどを溶かした
浸け置き用のお水を用意しておくと便利です。

あとは、この浸け置き用のバケツに、
使った布ナプキンを次から次へと浸け置きしておくだけ!

余裕があるときは、浸け置き前に、
さっと経血をすすいで、表面の経血を落としておくと
その後の落ちがいいようです。

このとき、必ず注意してほしいのは、

 お湯を使わない

こと! お湯を使ってしまうと、経血が固まってしまうため、
汚れ落ちが非常に悪くなります。
必ず水で、浸け置きしてくださいね。


ニオイが気になる方は、バケツの中にティートリーなどの
エッセンシャルオイルを数滴たらしておくと
殺菌・消臭作用があります。
お気に入りのオイルとブレンドしてもOKです。

経験から言うと…重曹水やアルカリウォッシュの分量を
間違えてなければ、汚れは本当にこの浸け置きだけで
十分に落ちます。
(重曹やアルカリウォッシュの分量は、
 取り扱い説明どおり、もしくは気持ち多めに。)

ティートリーの香りが苦手な方は、他のオイルとブレンドしてもOKです。

2006年12月18日 09:34